引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越しトラック 道路の幅

 

引越しトラックには何種類かありますが、運びたい荷物がどのくらいの大きさの部屋に収まり切るかでトラックの大きさを決めます。

 

荷物が多い場合はそれだけトラックも大きいものが必要です。

 

しかし、大きいトラックの場合は物件に面する道路の幅が重要になります。
トラックの大きさと前面道路の関係は次の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本は平坦な土地が限られていますから、住宅密集地の道路が狭いことが多々あります。
そのせいで、大きなトラックが入れないことも。

 

物件前の道路が狭い時は、どのように引越しするのが一番効率が良いか引越し業者と相談しておきましょう。