長距離 引越し 相場

長距離引越しの相場|安い引越しの業者がわかる

長距離 引越し 相場

長距離 引っ越し 相場

長距離 引越し 激安

遠距離 引越し 安い

長距離 引っ越し 相場 格安

 

長距離の引越しがお控えですか?
引越し料金は、荷物の量と引越しの距離とオプションの有無などで価格が決まります。

 

荷物の量が多ければ、それだけ大きなトラックと多くのスタッフが必要となるからです。
そして長距離引越しの中で価格に大きな影響を与えてるのは、引越しの距離です。

 

トラックが長距離を走るとなると運転手が1人では間に合いません。当然交代のスタッフが必要です。
さらにガソリン代や高速代もかかりますので、遠距離引越しはかなりの費用がかかることが想像できます。

 

これがじつに厄介です。
出来れば安く引越ししたい、これは近距離でも長距離でも同じです。

 

長距離の引越し費用の相場よりも安い引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

長距離 引越し 格安

 

引越しに持って行きたい家財や物件の情報、現住所と引越し先の住所などを1回順番に入力するだけで、最大10社の引越し業者から見積もりを取ることができるのです。

 

200社以上の引越し業者が参加しているので、相場はもちろん1番安い引越し業者を探すのも簡単にできますよ。

 

 

引越しの繁忙期は費用が高い

 

引越し業者 繁忙期

 

3月は1年で最も引越しの件数が多い 、いわゆる「引越し業者の繁忙期」です。
正しくは繁忙期は「2月の終わりから4月の頭まで」です。

 

どうしてこの時期が繁忙期なのでしょうか?
それは4月の新学期に向けて、引越しをする人が3月に集中するからです。

 

1〜2月に大学受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期からそれぞれの新しい環境に飛び込みます。
その準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりするわけです。

 

そして日本の企業は全国展開のところが多く、日本全国に支店があるため転勤族が多いです。
春と秋に人事異動があり、春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

もちろん引越し業者も何もせずにいるわけではなく、スタッフを増やしたり、残業をしたりして、仕事をこなそうとしますがそれでも間に合わない日も出てきます。
そういう日は、ウソでも何でもなく予約を受け入れてもらえません。

 

繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

スタッフを増員したり、残業をするわけですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しのおおまかな手順を確認しておくと無駄な動きが少なくて便利です。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

早く引越し業者を決めてしまいたいところですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても費用が変わります。
まず新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となり費用が当然その分高くなるのです。

 

引越し前に不用品はどんどん処分して、できるだけ荷物を減らして使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。これは引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに前の市に戻ったり、市役所に連絡して書類を郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。無駄がありません。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらえるように手配をしましょう。
手続きの方法は銀行振り込みだったり、引越し当日にその場で精算だったりと各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越ししたことで郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この間に「引越しをしました」という連絡を、友人や知人にハガキや手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具などの配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いてどこかに貼りだしておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは、自分で運んだ方が安心です。
これらはもしうっかり破損して保険を使っても、お金で解決できるものではありませんので自分で管理して大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙や税金など役所からのお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになりますから、忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しのオプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。
どのようなサービスがあるかご存知ですか

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

いろいろありますが、オプションの内容は引越し業者によって違うので、どこの業者を選ぶのかの指標にもなりますね。

 

この中で依頼が多いのはエアコンの移設だそうです。
エアコンは高価な家電ですから自分で買ったのなら新居にも持っていきたいと思いますが、自分では出来ません。
電気屋さんにやって貰う必要があります。 その手配を引越し業者が代行してくれるサービスです。

 

最近の盗聴器はコンセントに埋め込まれたりしていることがあります。
心配な人は調べてもらうと安心ですね。

 

地震が多い日本ですから、引越しを機に耐震グッズを見直すのもいいですね。
このようにいろいろなオプションサービスが受けられるのです。

 

 

引越しと挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、近所の方のところへ挨拶に行きましょう。

 

最初に行かなければそのまま何年も過ごす可能性が高いですから、引越しの挨拶は当日か翌日に行ってくださいね。

 

引越し作業でトラックが道路や駐車場を長時間塞いだり、引越しスタッフの足音が響くことがあるので、「申し訳ありません」という謝意もあります。

 

タイミングを逃すと行くのが面倒になりますし、挨拶よりも先に駐車場や道路でバッタリ会ってしまうと、より一層行きにくくなってしまいます。
ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶しましょう。
あとは管理人さん・大家さん・一軒家なら自治会長さんなどにも、臨機応変に挨拶をしてくださいね。

 

手ぶらで行かれる方もいますが、簡単な手土産を用意すると行きやすいですよ。
手土産はお菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品で500〜1000円くらいのものがオススメです。